満足のいったFOODEX

.O.ラ・マンチャのワイン、プロモーション好評で初の訪日を終える

 

今回初となったアジア大陸へのEU圏外出展ツアーは、この東京出張で原産地呼称統制委員会に同行したワイナリー10数社の営業部長から確かな感触を得て、無事終了しました。

 

3月6日から9日にかけて、統制委員会と共にワイナリー9社がFOODEX JAPANに参加し、日本の食品業界で最も重要な展示会でワインのプロモーション活動を行いました。

 

ラ・マンチャやワイン18銘柄について理解を深めようと、自由試飲コーナーにお立ち寄り頂いたビジターからは、好意的な認識がうかがえました。他にも、業界関係者向けのセミナーが実施され、参加したワイナリー9社の注目を集めました。「スペイン、中でもラ・マンチャ一帯のワインは大幅に売上を伸ばしており、毎年、さらに増加しています」。ニューワールドトレーディング社のササキ・ヒロミさんは、FOODEXでドン・キホーテのワインが試飲された2回目の機会に関して、こう指摘しています。

 

lgunos de los vinos catados en el seminario

 

実際、日本での文化や郷士ドン・キホーテに対する文学的関心により、ラ・マンチャワインへの関心が高まっています。そして、その最も名高いアンバサダーを務めているのが、まさに、ボトルの裏ラベルにある郷士のシルエットなのです。それにEU圏のワインに対するビジネス成長の影響も加わります。「もし、2017年末に妥結した日本とEU間の経済連携協定が最終的に上手くいけば、の話ですが。これにより、来年には関税が撤廃されることとなるでしょう」(フアン・マヌエル・レアル統制委員会派遣団責任者)

 

日本では、すでに購入量が150万本(1,420,332本、前年比30.25%増)近くに上っており、D.O.ラ・マンチャのワインにとって、日本はアジアでナンバー2の取引先で、これを上回るのは貪欲な中国市場のみとなっています。

 

 

FOODEXで原産地呼称統制委員会に同行したワイナリー9社は、以下の通りです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です