サンティアゴ・ベルナベウに並んだ D.O.ラ・マンチャワイン

bernabeu y vino tempranillo

首都に拠点をおくサッカークラブ、レアル・マドリードの伝説的スタジアムにて原産地呼称委員会が2014年のヌーヴォー・ヤングワインのプレゼンテーションに参加

 

Durante toda la jornada hubo un goteo continuo de afluencia de público

「聖アンドレスの日が来れば、モスト(ブドウ果汁)がヌーヴォー・ワインになっている」という言いならわしに従い、先月(2014年11月)にマドリッドで開催されたヌーヴォー・ワインプレゼンテーションにラ・マンチャ地方のワイナリー各社が参加しました。マドリードの国内市場における重要性を念頭におき、参加3年目となる今年、ワイナリー各社はベルナベウ・スタジアムの貴賓室にワインを並べ、昨年、一昨年に劣らない高い評価をマドリッド市民から博しました。

 

 

初日にはエキスパートや業界関係者を対象にした試飲会がひらかれ、多くの参加者から今年のワインはフレッシュさと格別なフルーティさ、グラスに注ぐと並外れた質の高さが感じられ、アロマのニュアンスの素晴らしさがあるとコメントされました。2014年ビンテージのD.O.ラ・マンチャワインの質の高さについては近年でも最高の出来になることが予想されており、イベント初日に寄せられた周囲の高い期待にみごとに応えました。レアル・マドリードのホームスタジアムの貴賓室にはラ・マンチャ地方のワイナリー約30社のヌーヴォー・ワインが並べられ、数多くの参加者から高く評価されました。初日の業界関係者を対象にした試飲会に加え、二日目にはD.Oラ・マンチャのワイン愛好家向けの試飲会が行われました。そこではワインのほか、スペイン料理で人気が高くワインとの相性の良さで知られるラ・マンチャ産のチーズ、アルマグロ産のナス料理、さらにハモン・セラーノ基金のハモンも供されました。また、水彩画やワインを使った作品で知られるアーティストのホセ・ルイス・デル・オルモが、ワインを使ってライブで絵を描きクリエイティビティを発揮します。

 

 

そのほか初日にはホベネス・ソリダリオス(連帯する若者)賞の授賞式が同時に行われました。これは芸術、コミュニケーション、スポーツ、ジャーナリズムの各分野で活躍する才能ある若者に授けられる賞で、賞金総額3千ユーロは、人道支援活動を行うさまざまな組織に贈られました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *