世界に通じる色と味わいのワイン

ラ・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。

 

この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。

La Mancha:

スポットライト

0047 copia

遍歴の騎士の足跡を辿って

3 February, 2015

  ラ・マンチャの原産地呼称ワインが、ドン・キホーテを愛する国・日本へ初のプロモーションツアー... 続きを読む

bernabeu y vino tempranillo

サンティアゴ・ベルナベウに並んだ D.O.ラ・マンチャワイン

1 December, 2014

首都に拠点をおくサッカークラブ、レアル・マドリードの伝説的スタジアムにて原産地呼称委員会が2014年のヌーヴォー・ヤングワインのプレゼンテーションに参加  ... 続きを読む

おすすめ動画

世界に通じる色と味わいのワイン

5 March, 2015

歴史   イベリア半島中央高地に位置するラ・マンチャは、アルバセテ県、シウダ・レアル県、クエンカ県、及びトレド県に属する182の市町村にまたがる地域で、気温変動が激しく降水量も季節変動が大きいという、ブドウを最適な環境で栽培するには好都合な大陸性気候です。ブドウ栽培はローマ帝国時代から始まっていたとする説もありますが、遅くとも中世には始まっていました。   そこで、この地におけるワイン造りの歴史を振り返ってみると、1932年9月の『ガセタ・デ・マドリッド・(Gaceta de... 続きを読む

中小企業総合展 in FOODEX

5 March, 2015

・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。   この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。 続きを読む