世界に通じる色と味わいのワイン

ラ・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。

 

この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。

La Mancha:

Noticias destacadas

ヴィンテージ2017:原産地呼称ラ・マンチャのワインにとって「歴史的な」当たり年

28 2月, 2018

原産地呼称統制委員会の審査に従い、D.O.ラ・マンチャ同業組合総会は、ブドウの収穫中、収穫量の減少が際立ったヴ... もっと読む » 続きを読む

D.O.ラ・マンチャ、日本で開催のFOODEXに出展

27 2月, 2018

日本は、今年2018年に原産地呼称統制委員会にとって初めてのEU圏外の出展を紹介。   3月6日から9日、日本... もっと読む » 続きを読む

Vídeos destacados

満足のいったFOODEX

16 3月, 2018

.O.ラ・マンチャのワイン、プロモーション好評で初の訪日を終える   今回初となったアジア大陸へのEU圏外出展... もっと読む » 続きを読む

世界に通じる色と味わいのワイン

5 3月, 2015

歴史   イベリア半島中央高地に位置するラ・マンチャは、アルバセテ県、シウダ・レアル県、クエンカ県、... もっと読む » 続きを読む