fbpx

ラ・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。

この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。

Últimas noticias

もっと

    統制委員会が主催する視察ミッションで日本と南米のインポーターがラ・マンチャを 訪問。

    ブドウの収穫の真っ只中にあるD.O.ラ・マンチャの様々な畑の訪問に加え、複数のワイ ナリー担当者とも会う予定です。 統制委員会の活動 去年に続き、統制委員会は、海外市場でのラ・マンチャのワイン促進を目的に、視察ミッションをブドウの収穫期に実施することにしました。土着品種アイレンの収穫の真っ只中 にある9月の3週目に行い、十数人のプロのインポーターがD.O.ラ・マンチャのワインの 特色を現地で体感します。 日程と視察内容 9月16日から20日にかけて、インポーターは様々な体験を通して、ラ・マンチャのワイン業界の現状を間近で知る機会に恵まれます。約7つのワイナリー訪問、同地方の様々な場所(アルカサル・デ・サン・フアン、ソクエリャモス、ラ・ソラナ)でのワイナリー担当者との出会いとブドウ畑の訪問を予定しています。   文化を存分に体験できる集中的なプログラムで、トレド、カンポ・デ・クリプターナ、エル・トボソやトメリョソの洞窟といった主要な観光名所を訪れ、昼食と夕食ではラ・マンチャの最も代表的な料理で美食のマリアージュを堪能。 視察参加者の出身国 海外からの視察団は、全員で十数人の潜在的バイヤーから成ります。去年に続き、ラ・ マンチャのワインに興味を示すメキシコとコロンビアから約7人。一般的にセルバン テスとドン・キホーテに関する文化への関心が大変高い日本は、このラ・マンチャの 視察ミッションには初参加で、5人のインポーターが訪れます。 テンプラニーリョを手にのせるサンクトペテルブルク出身のソムリエ、アンナ・スヴィ リデンコ 視察ミッションに登録しているワイナリー Baco - Dcoop Group Bodegas Alcardet Bodegas Altovela Bodegas Entremontes Bodegas Naranjo Bodegas Navarro López Bodegas Verdúguez Bodegas Vidal del Saz ...

    2019 年、需要が伸びるD.O.ラ・マンチャのボトルワイン

    上半期のデータでは、2019年は前年の同じ時期と比べて、17.1%の増加が見られます。 統制委員会は上半期の初頭のデータで、D.O.ラ・マンチャのワイナリーが製造した品質 ラベル付きのボトルワインが、36,467,894本から 42.728.705 本に著しく増えたことを確 認しました。 2019年の6月までにラ・マンチャのワイナリーは6,260,811本以上を製造し、去年と比 べて 17,1 % 増加しました。 月別に見ると、1月(9,767,703本)と特に4月(6,675,200本)のD.O.ラ・マンチャの生産量は、前年の同じ時期と比べると、著しい増加が見られます。 初頭のデータを見て、下半期締めを待つ統制委員会は、2017年に達成した87,238,193本 という歴史的記録を上回るか、それに達すると慎重に楽観視しています。 そのため、クリスマスシーズンの数週間での一層力の入った販売促進とワインの消費量が 毎年影響する一年の最後の数か月の市場の成長を注視する必要があります。また、今年は 現時点で見込まれている収穫量の減少にも左右されるため、市場に出る製品の中で若いワインと伝統的ワインが最も多いD.O.ラ・マンチャには特に大きな影響があります。 一方で、ワイン業界の国際市場の成り行きも当然のこと影響しますが、ワイナリーに届き始めているブドウの質の良さが、市場に出るワインの価格上昇の要因になっています。

    D.O.ラ・マンチャのブドウの収穫期に採れた主な品種、非常に良質であることを確認。

    全ての情報源が、生産量が30% から45%と大幅に減少するであろうという点で一致。 高品質のブドウ 収穫期の初めの数週間で収穫の予想が行われており、技術者と専門家による初頭の予想 では、D.O.ラ・マンチャは非常に良質なブドウがとれると見込まれています。 この予想は、いくつかの区画で収穫量が約40% 減少したように、収穫量の減少が明らか であるものの、ASAJA(青年農業者団体)の地方会長であるフェルナンド・ビリェナ氏が「質は素晴らしい」と強調したように、既にワイナリーで最初に圧搾されたシャルドネ、モスカテルやソーヴィニョン・ブランといった熟成期間が早い白ブドウの品種から分かります。   このような朗報に、UPA(小規模農家・畜産業者組合)のブドウ栽培部門の責任者であ り、トレドでブドウを栽培するアレハンドロ・ガルシア・ガスコ氏の言葉を付け足すことができます。「干ばつの影響で少し発生した害虫は駆除され、ブドウの実の品質も保証されました。ラ・マンチャでは良質なワインの年になるでしょう」。 統制委員会の会員で、COAG(農家・畜産業者団体)の代表者であるミゲル・カセーロ氏 は、次のように述べています。「収穫期間は2018年よりも遥かに短くなるのは明らかで すが、1株になる実が非常に少ない分、非常に健全なブドウができるのも事実です」。 非常にゆっくり、徐々に、かつ順調に進む熟成 2019年の収穫で良質なブドウが採れると見込まれる背景の他の要因として、段階的に行う予想が挙げられます。統制委員会の副会長で、カスティーリャ・ラ・マンチャ・ワイン・ブドウ栽培協会の代表を務めるミゲル・アンヘル・バレンティン氏は、「熟成は早すぎず、急激な変化もなく、順調な進み具合」と述べ、この熟成度がワイナリーに搬入されるブドウにより良いバランスをもたらすという見方をしています。 待たれるテンプラニーリョの収穫 シウダ・レアル県の市町村のように、ブドウの熟成が早い畑では、D.O.ラ・マンチャの伝統品種の黒ブドウであるテンプラニーリョは数週間以内に収穫されると見られます。 まさしく、カスティーリャ・ラ・マンチャ農業食品協同組合のワイン部門の広報担当者、フアン・フエンテ・ルス氏は、“非常に良質な赤ワイン”の年になるだろうと考えてい ます。その理由は、ラ・マンチャの黒ブドウのテンプラニーリョの濃い色と果実の濃縮 感がワインに非常に良いバランスをもたらし、より乾燥した年は、より濃縮感のある特 徴豊かなワインになり、長期熟成にもより適しているからです。

    原産地呼称ラ・マンチャのワイン、日本で好評を博す。

    統制委員会主催によるラ・マンチャワイン販売促進の日本ツアーに13軒のワイナリーが参加、大成功のうちに幕を閉じました。 「ラ・マンチャワインは、そのボディとアロマが日本人にとって魅力的ですね。」「果実のかすかな香りと活き活きした色合いが、日本で人気を呼ぶ可能性があります。」そんな言葉が交わされたのは、原産地呼称ラ・マンチャが極東日本で主催したプレゼンテーションの場でした。いずれも、テイスティングや数々のショールームでワイン業界の専門家たちから受けた最初の評価の一部です。 4月8日、福岡でスタートしたほぼ一週間の日本ツアーは、大阪を経て4月12日、首都の東京でピリオドを打ちました。 統制委員会は、日本のワイン業界の輸入業者や専門家たちの影響がより顕著な大阪と東京で、特にポジティブな手ごたえを感じました。   ドン・キホーテを称賛する文化でのイメージ促進 ドン・キホーテの国、スペイン由来の文化や伝統への理解ある日出る国、日本で合計3都市を訪問。原産地呼称ラ・マンチャのワインが身近に感じられる理由には、郷士ドン・キホーテのシルエットがシンボルのロゴが貢献しているようです。 スペイン各都市の常連である日本人観光客は、マドリードやトレドに近いラ・マンチャ地方にも親しみがあり、カンポ・デ・クリプターナ、コンスエグラ、プエルト・ラピセ、エル・トボソなどのセルバンテスゆかりの土地も優先的に訪れています。   今回は、魚料理をベースにした和食に合わせやすい白ワインのみならず、原産地呼称ラ・マンチャのブドウ畑の代表的品種、テンプラニーリョを中心とする赤ワインにも日本人の関心が寄せられました。 桜咲き誇る日本に訪れた世界最大規模のブドウ畑 ラ・マンチャワインが既に広く知られている日本(過去のFOODEXに参加したため)は、1,237,160本(750ml)という消費量でラ・マンチャワインの消費国世界ランキング第7位を占めています。しかしながら、統制委員会が日本に特化した販売促進ツアーを実施したのはこれが初めてでした。 さらに今回のラ・マンチャワインの到着は、日本の文化を象徴する一大イベントといえる桜の花の満開時と一致。日本市場における成長の可能性と市場への大規模な浸透を示しているかのような、重要な出来事となりました。 原産地呼称ラ・マンチャは、メキシコ、中国、スイスというEU圏外の重要市場3か国を訪問し、パリでEU圏内用消費の重要なフェアに、さらにデュッセルドルフ(ドイツ)のProWeinに参加した後、今回の日本訪問で2019年第1四半期の海外用販売促進活動を終了しました。   La llegada de los vinos de La Mancha ha sido además en plena floración del cerezo (sakura), todo un acontecimiento cultural en Japón. Un...

    Instagram

    Video destacado

    Últimos posts

    もっと