fbpx

ラ・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。

この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。

Últimas noticias

もっと
    ラ・マンチャのワイン、90か国で愛飲

    ラ・マンチャのワイン、90か国で愛飲

    最高の原材料が、多様性と前衛性を取り入れ、しかも名品を生み出したその伝統を守っていれば、間違いない品質に裏打ちされた偉大なワインが生まれます。それが、原産地呼称ラ・マンチャのワイン。イペリア半島の真ん中から、世界各地90か国への進出を果たしています。 ラ・マンチャのワインを口にするたびに、作物に対するブドウ栽培家の愛情、最高のアロマと味わいを引き出すためのエノロジストやワイン生産者の尽力だけでなく、隅々まで行き渡るワイン文化が熱く刻まれた土地の歴史が感じられます。 ラ・マンチャのワイン、五大陸に進出した普遍的なワイン この何十年かで、ラ・マンチャのワインは、輸出市場で倍々の成長を遂げました。間違いなく、ブドウの木からワイングラスに至るまでの、品質とトレーサビリティへの信頼――それにより、素晴らしいワインに仕上げるためのブレンド法を手に入れています。 事実、昨年2021年は、世界市場は大きな苦境に立たされましたが、約6300万本のラ・マンチャのワインが五大陸の国々で消費されています。しかも、世界的に状況が改善していることから、今年2022年1月期にはD.O.ラ・マンチャのワインの販売は128%増となりました。 日本、D.O。ラマンチャワイン消費国ランキングトップ10 この原産地呼称のワインの主な市場は、ヨーロッパ諸国(ドイツ、オランダ、ポーランド…)とアジアの国々(中国、日本、韓国)ですが、ここ数年、アメリカ諸国でも好評を博しています。 実際、カナダやアメリカなど北米の国で、非常にいい成果を上げています。もちろん、ラテンアメリカ諸国は、多くの舌を虜にしている、ラ・マンチャの味わいを楽しむ機会を逃すことはありません。 ラ・マンチャのワイン、世界有数のワイン見本市に欠かさず出展 毎年、D.O.ラ・マンチャの品質が保証されたワインは、スペイン国内外で最も権威あるコンクールで数多くの賞を獲得しています。そして広い実績――これを充足させるのが、農業・食品見本市や業界とより強く関連する専門見本市への出展です。 そのため、今年2022年、規制の緩和により、ワイン・パリ&ヴィネクスポ・パリをはじめとする国際見本市への出展が可能となった他、ドイツのプロヴァインなど、すでに恒例となっている展示会にも参加いたします。もちろん、ラ・マンチャのワインは、常に大歓迎を受けてきたカナダのように、今後成長が見込まれる市場での販売促進を再開する予定。  
    ラ・マンチャのブドウ、ワイン、ブドウ園

    ラ・マンチャのブドウ園、持続可能性の好例

    ラ・マンチャは世界最大のブドウ産地というのは秘密ではありません。事実、原産地呼称ラ・マンチャの認定を受けた畑の面積は154,000ヘクタール以上で、ますます顕著になる多様性や文句なしの品質が証明されています。これは重要な役割で、大きな利点がいろいろありますが、経済面以上に、持続可能性を中心に捉えた取り組みを行い、この地域の人口の活性化を助けています。 灌漑と乾燥地の共存…持続可能性のスローガン 「Encuesta sobre Superficies y Rendimientos Cultivo」(作付面積と収穫量に関する調査‐ESYRCE)の最近の研究は、ブドウ園の栽培の特徴に関する新たなデータを紹介。これにより、カスティリャ・ラ・マンチャ地方(スペイン中央部)は、灌漑によるブドウ園(全体の59.8%に達する)と乾燥地のブドウ園(残り49.2%を占める)との共存の好例となっています。 これは、最新化と効率化がますます進む灌漑システム――より少ない水量を有効に活用する――灌漑農業の拡大を明らかに示すデータです。同様に、乾燥農業は、ラ・マンチャのブドウ園の基本であり続け、地球の未来のためにさらに急を要する持続可能性への取り組みを強化しています。 また、乾燥地のブドウ園のかなり大きな面積と灌漑システムの有効性には、気候変動の被害を軽減する意外な利点があり、砂漠化の進行を防ぎます。降雨量が少なく、水資源の節約に関して集団的な意識が高い地域であるのが特徴のラ・マンチャのような地域では、なおさらです。 ラ・マンチャでブドウ園が担う持続可能性の役割は? ラ・マンチャのような地域では、ブドウ園は、地方経済や人口を活性化させる役割だけでなく、環境保全の要因となっています。事実、土壌の砂漠化を避けるために不可欠な使命を担っています。他にも、鉄砲水の発生を防いで、集中豪雨などの現象による壊滅的な影響を軽減します。 二酸化炭素と酸素の交換を行う、自然の肺のような機能の他、ブドウの葉が落ちて自然に、また剪定によって人為的に、土壌の有機物を増やすのに寄与していることが指摘されています。最終的には、在来動植物のバランス維持や保全に一役買っています。 ラ・マンチャのワイナリーの「グリーン・コミットメント」 私たちの環境を守る取り組みは、ブドウ園だけではありません。ここ数年、ラ・マンチャのワイナリーは、効率と持続可能性に関して飛躍的な進歩を遂げました。環境に優しい技術の導入に積極的に取り組み、その正式な証明書にそれが認証されている、ラ・マンチャのワイナリーはすでに数十社に上ります。 これらは、生産されるあらゆるものの耐用期間を最大限利用するためのシステムとして、循環経済サーキュラー・エコノミーの導入と形成を支持しているワイナリーです。また、ビオワイン、エコワイン、ビーガンワインを醸造するラ・マンチャのワイナリーが多数あるのも見逃せません。もちろん、高効率の設備を備えるワイナリーは年々増えています。これにより、コストパフォーマンスが向上するだけでなく、自然環境への影響を最小限に抑えたり、ゼロにしたりし、しかも周囲に溶け込んでいる設備もあります。 ワインだけではない、ブドウの用途 ワインはブドウの最高の成果であることは、間違いありません。でも、残りかすも有効活用することで、廃棄物の発生を最小限に抑えることも可能となります。例えば、ワイン由来のアルコール。これもまた、経済的な関心を集めています。他にも、果実によって、高級ワイン(D.O.ラ・マンチャのワインなど)、普通のワイン、モスト、ぶどうジュース、蒸留酒などに用いられます。それでも、ワイナリーでは、廃棄物ゼロを達成するのは不可能です。そのため、最適な方法で処理できるよう、浄化設備が整っています。醸造所によっては、自然そのものから栄養を摂取し、稼働しています。 つまり、ラ・マンチャの畑やワイナリーは、ここ数年で品種と品質に関して大きな飛躍を遂げたことは間違いありません。最大限の保証を提供する名産品で、その品質は世界各地で非常に高く評価され、このワインを消費する国は100か国近くに達しています。これはすべて、ラ・マンチャ地方のブドウ(と生命)の未来を保証する唯一の方法として、環境を尊重し保全する取り組みによるものです。

    DO ラ・マンチャ、日本で地元ワインの持続可能性を促進

    原産地呼称統制委員会は、その自然環境を背景にラ・マンチャ地方とそのワインの見える化を図る「欧州サステナブル・ワインズ」プロジェクトに参加。 ラ・マンチャのワインが大きな関心を抱いている、今後成長が見込まれる市場――例えば、日本がそうですが――は、「欧州サステナブル・ワインズ」で行われた活動により、原産地呼称ラ・マンチャの理解を深める機会に恵まれました。EUにおける品質の役割の概念および全原産地呼称全体に関するEUの規制の下で行われている、農産物の保護やトレーサビリティついて解説を受けた後、参加者はラ・マンチャ産ワインをいくつか試飲することができました。 イベントはこの3月の間に開催され、一流ソムリエの永瀬喜洋氏と菊池貴行氏を講師に迎えて、東京で行われたマスタークラスには、約60名の方にご出席いただきました。 “ヨーロッパを味わい、感じ、楽しむ” このアクションは「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーン・プログラムの一環。DOラ・マンチャのワインは、アブルッツォ州ワイン保護協会やバルベラ・ダスティおよびモンフェラット州ワイン協会といった、ヨーロッパのその他のワイン産地と協働してこのプログラムに参加しています。  このキャンペーンは、EU域内市場および第三国における農産物に関連する情報および促進活動を規定する、2014年10月22日付け欧州議会および欧州理事会の規則(EU)No. 1144/2014の保護を受け、EUの枠組みから出資されています。 また目的は、高品質のワインの販売促進を超え、農村地域の環境保全と経済・社会支援など、より本質的なコンセプトと結びついたブドウ栽培の持続可能性を強調していくことです。 アジアにおけるDOラ・マンチャのワイン 中国と日本は、昨年2021年にDOラ・マンチャのワインの販売本数が減少したものの(それぞれ27.4%、6.5%減少)、アジア地域は依然として、ラ・マンチャのワインメーカーにとってビジネス上の関心が高い地域のひとつとなっています。こうした理由から、「欧州サステナブル・ワインズ」キャンペーンは、新型コロナウイルスの状況に応じて、台北、ソウル、シンガポール、香港などのアジア各地で行われ、その後中国(深圳や杭州、アモイ)でも開催される予定です。  

    収穫減でも上質、D.O.ラ・マンチャで 異例の収穫シーズン

    クリスマス商戦に向け、早生品種を使用した多くのワインの仕込みはすでに完了 先週10月13日から15日にかけ、ラ・マンチャ地方では2021年のブドウの収穫が完全に終了。天候に悩まされた一年で、昨シーズンに比べ、大幅に短い収穫期となりました。 最終的に、専門家の予測は的中し、1月に欧州を襲った寒波「フィロメナ」の影響によりブドウの生産性は限定され、これに春の低温、8月末の猛暑による悪影響、9月の激しい暴風雨や局地的な雹が加わったため、収穫量は減少したものの、品質の低下は見られませんでした。むしろその逆です。 昨シーズンとは事情が異なるとはいえ、慎重を期し、かつ今年2021年に施行された衛生上の安全対策を講じた上、かなり通常に近い状況で収穫が実施されました。また、地域や品種により大きな変動が見られるものの、収穫量の減少は25%程度となっています。 県別に見てみると、原産地呼称統制委員会によれば、原産地呼称ラ・マンチャの認定を受けたワイナリーを対象とした無作為抽出による調査では(ワイナリー10社へのアンケート。内訳:シウダ・レアル県4社、アルバセテ県2社、トレド県2社、クエンカ県2社)、収穫が進むにつれ異なる展開を示しました。 しかし、圧搾所での最初の評価はいずれも、事実上一致しており、果実の質は良好、特に、赤ブドウと白ブドウの早生品種に対し高い評価を示しています。 白ブドウ品種アイレン(D.O.ラ・マンチャの主要な白ブドウ)の場合、専門的なパラメーターは、概して、平均ボーメ度11.5度弱、平均酸度3.4pHとなっています。 赤ブドウ品種テンプラニーリョ、別名センシベル――D.O.ラ・マンチャに認定される赤ワインに占める割合が最も多い品種(2020年は44%)――に関しては、2021年の収穫は、果実が非常に良好な衛生状態で、パラメーターは平均ボーメ度13度以上、酸度3.7pHで、上質な仕上がりが期待できる明るい見通しを示しています。 短期決戦、しかし長期にわたる収穫 2021年の収穫は、9月中旬に雨が多く観測され、作物に損害を与える恐れがあったため、総じて例年に比べると1品種あたりの収穫期間は短くなりました。 それにもかかわらず、収穫は数か月間にわたっています。というのも、ラ・マンチャ地方で収穫される最初の品種は、白ブドウのシャルドネ、マスカットやベルデホなど、8月前半頃に収穫を迎える、成熟が早い品種だったためです。これに続き、収穫シーズン中に、テンプラニーリョなど、他の赤ブドウが収穫されました。最も伝統的なのはアイレンの収穫。9月後半に行われるのがすでに恒例となっており、10月上旬の聖母ピラールのお祭りの頃、原産地呼称ラ・マンチャのワイナリーでは、2021年の収穫シーズンの幕を下ろしました。 もう一つ、注目される特徴として挙げられるのが、ラ・マンチャ地方で導入された機械による収穫の顕著な増加。事実、成熟が早く、芳香性の高い品種では、すでに数年前から、夜間を中心に、最適な熟成のタイミングを見計らい、特に注意を払いながら収穫が行われてきました。ラ・マンチャ原産地呼称統制委員会副会長フェルナンド・ビリェナは、次のように語っています。「これにより、果実は温度が最高の状態となりその香りが保証され、その後、よりしっかりと管理された温度で発酵作業が行われます」。アイレンは、その大きさや特徴から(ほぼ品質は低下せず、より長期間にわたり収穫が可能で、最終納品先に応じて収穫日を調整)、基本的には、この数年行っているように9月中旬から10月前半まで摘み取り作業が行われましたが、前述の機械化により、摘み取り作業の期間を短縮させ、収穫に適した日をより正確に判断できるようになっています。 また一方、夜間の収穫を機械化すると、より低い温度でブドウが搬入され、エネルギーの大幅な節約にもつながり、ブドウが持つ香りのポテンシャルをすべて保つこともできます。 とはいえ、最も絵になる伝統的な収穫は、アイレンを手で摘む収穫者グループによる収穫で、時代とともに廃れ始めているものの、相変わらずかなり行われています。多くの場合は週末を利用し、家族そろって収穫を行うという、ちょっとノスタルジックな光景が今も繰り広げられています。  サン・アンドレスの日に…新しいブドウ果汁から生まれたワイン登場 この先にはエノロジストの作業が待ち受けており、今度はワイナリーの出番です。ここ数週間で、今年収穫の新酒の醸造を終了させます。また、伝統に従い、D.O.ラ・マンチャのヤングワインは、クリスマス商戦に突入する、11月の最終月曜日、聖人サン・アンドレスの日に発売となります。業界にとってビジネスの明暗を分ける期間で、業界は、今年の第4四半期、アフターコロナのワイン消費の需要回復に期待を寄せています。

    Video destacado

    Últimos posts

    もっと