fbpx

ラ・マンチャは、ヘクタール当たりの収穫量があまり高くなく品質を最優先できるという点で、ブドウ栽培には理想的な地域です。しかも日照時間が非常に長く、これを享受するブドウ畑では、果実の成熟サイクルもブドウ樹の健康状態も素晴らしいものとなります。

この地帯の土地は汎用性が高く、土着品種のアイレンやテンプラニーリョに加えて、世界中の外来品種を導入・栽培することができ、その品質の高さから販売量はここ数年とどまることなく伸びています。

Últimas noticias

もっと

    DO La Mancha presentará sus Vinos Jóvenes 2022 en el Cívitas Metropolitano de Madrid.

    El Estadio rojiblanco acogerá los días 21 y 22 de noviembre la cita promocional más importante del año para el Consejo Regulador. Se trata de...

    日本のプレス関係者、DOラ・マンチャのワインに高い関心。

      日本人ジャーナリストはラ・マンチャのワイナリー数社を訪れる招待ツアーを好印象で終える 10月第2週、東京から直接来訪した記者の方々は、原産地呼称ラ・マンチャのワインに関する知識を深めるため、ラ・マンチャ地方を巡りました。 この訪問は、「欧州サステナブル・ワインズ」プログラムの一環として位置付けられています。同プログラムは、欧州の他の地域と共同で行っている欧州プロジェクトで、環境保護や農村部の経済的・社会的支持など、ブドウ栽培に特有の概念と結びつく、ラ・マンチャ地方の知名度を高めることを目的としています。 充実したラ・マンチャ・ツアー 原産地呼称統制委員会・海外プロモーション部が組んだ日程は、日本国内で大きな関心を集めるワイナリー数社の現地見学に加え、ラ・マンチャ地方のトレド、クエンカ、シウダ・レアル、アルバセテの4県でエノツーリズムが盛んな場所巡りも盛り込んだ内容となっていました。 こうして、一行はカンポ・デ・プリプターナの風車の丘(日本社会にとって大きな象徴的な価値や文化的価値をもつ)で景色を楽しんだ他、周遊の初日、ラ・マンチャ地方たたずむクエンカの町ベルモンテとこの地方の中心地、トレドを訪れました。 在来種の価値   いくつかのワイナリーの見学では、白ブドウのアイレンや黒ブドウのテンプラニーリョ、別名センシベルをはじめとする、昔ながらの品種の価値が特に際立つ、原産地呼称ラ・マンチャの多彩なワインの試飲を楽しんでいただきました。依田恭子さんは、ブドウのアイレン種を挙げ、「早飲みワインや熟成ワインまでも醸造できる」、ラ・マンチャの白ワインのポテンシャルを力説。またこの日本人ジャーナリストは「ラ・マンチャのアイレンブドウの畑に並ぶ風車の風景は忘れられません」とコメント。 日本のワイン界で専門家として執筆活動を行う、浮田泰幸さんの言葉を借りると、テンプラニーリョ種は「フルーティな早飲みワインから樽熟成のワインまで」汎用性が高いため、非常に興味を抱いた――とのことです。 日本、EU圏外で第二位の取引先 2021年には日本への販売が6%以上減少した、アフターコロナの現状にもかかわらず、日本は、ラ・マンチャのワイナリーにとって、中期の主なビジネス指標の一つと見なされています。 実際、昨年、原産地呼称ラ・マンチャのワインを143万3,707本購入した日本は、EU圏外で第二位のワイン輸入国で、これを上回ったのは世界でドイツと中国のみでした。
    ラ・マンチャのワイン、90か国で愛飲

    ラ・マンチャのワイン、90か国で愛飲

    最高の原材料が、多様性と前衛性を取り入れ、しかも名品を生み出したその伝統を守っていれば、間違いない品質に裏打ちされた偉大なワインが生まれます。それが、原産地呼称ラ・マンチャのワイン。イペリア半島の真ん中から、世界各地90か国への進出を果たしています。 ラ・マンチャのワインを口にするたびに、作物に対するブドウ栽培家の愛情、最高のアロマと味わいを引き出すためのエノロジストやワイン生産者の尽力だけでなく、隅々まで行き渡るワイン文化が熱く刻まれた土地の歴史が感じられます。 ラ・マンチャのワイン、五大陸に進出した普遍的なワイン この何十年かで、ラ・マンチャのワインは、輸出市場で倍々の成長を遂げました。間違いなく、ブドウの木からワイングラスに至るまでの、品質とトレーサビリティへの信頼――それにより、素晴らしいワインに仕上げるためのブレンド法を手に入れています。 事実、昨年2021年は、世界市場は大きな苦境に立たされましたが、約6300万本のラ・マンチャのワインが五大陸の国々で消費されています。しかも、世界的に状況が改善していることから、今年2022年1月期にはD.O.ラ・マンチャのワインの販売は128%増となりました。 日本、D.O。ラマンチャワイン消費国ランキングトップ10 この原産地呼称のワインの主な市場は、ヨーロッパ諸国(ドイツ、オランダ、ポーランド…)とアジアの国々(中国、日本、韓国)ですが、ここ数年、アメリカ諸国でも好評を博しています。 実際、カナダやアメリカなど北米の国で、非常にいい成果を上げています。もちろん、ラテンアメリカ諸国は、多くの舌を虜にしている、ラ・マンチャの味わいを楽しむ機会を逃すことはありません。 ラ・マンチャのワイン、世界有数のワイン見本市に欠かさず出展 毎年、D.O.ラ・マンチャの品質が保証されたワインは、スペイン国内外で最も権威あるコンクールで数多くの賞を獲得しています。そして広い実績――これを充足させるのが、農業・食品見本市や業界とより強く関連する専門見本市への出展です。 そのため、今年2022年、規制の緩和により、ワイン・パリ&ヴィネクスポ・パリをはじめとする国際見本市への出展が可能となった他、ドイツのプロヴァインなど、すでに恒例となっている展示会にも参加いたします。もちろん、ラ・マンチャのワインは、常に大歓迎を受けてきたカナダのように、今後成長が見込まれる市場での販売促進を再開する予定。  
    ラ・マンチャのブドウ、ワイン、ブドウ園

    ラ・マンチャのブドウ園、持続可能性の好例

    ラ・マンチャは世界最大のブドウ産地というのは秘密ではありません。事実、原産地呼称ラ・マンチャの認定を受けた畑の面積は154,000ヘクタール以上で、ますます顕著になる多様性や文句なしの品質が証明されています。これは重要な役割で、大きな利点がいろいろありますが、経済面以上に、持続可能性を中心に捉えた取り組みを行い、この地域の人口の活性化を助けています。 灌漑と乾燥地の共存…持続可能性のスローガン 「Encuesta sobre Superficies y Rendimientos Cultivo」(作付面積と収穫量に関する調査‐ESYRCE)の最近の研究は、ブドウ園の栽培の特徴に関する新たなデータを紹介。これにより、カスティリャ・ラ・マンチャ地方(スペイン中央部)は、灌漑によるブドウ園(全体の59.8%に達する)と乾燥地のブドウ園(残り49.2%を占める)との共存の好例となっています。 これは、最新化と効率化がますます進む灌漑システム――より少ない水量を有効に活用する――灌漑農業の拡大を明らかに示すデータです。同様に、乾燥農業は、ラ・マンチャのブドウ園の基本であり続け、地球の未来のためにさらに急を要する持続可能性への取り組みを強化しています。 また、乾燥地のブドウ園のかなり大きな面積と灌漑システムの有効性には、気候変動の被害を軽減する意外な利点があり、砂漠化の進行を防ぎます。降雨量が少なく、水資源の節約に関して集団的な意識が高い地域であるのが特徴のラ・マンチャのような地域では、なおさらです。 ラ・マンチャでブドウ園が担う持続可能性の役割は? ラ・マンチャのような地域では、ブドウ園は、地方経済や人口を活性化させる役割だけでなく、環境保全の要因となっています。事実、土壌の砂漠化を避けるために不可欠な使命を担っています。他にも、鉄砲水の発生を防いで、集中豪雨などの現象による壊滅的な影響を軽減します。 二酸化炭素と酸素の交換を行う、自然の肺のような機能の他、ブドウの葉が落ちて自然に、また剪定によって人為的に、土壌の有機物を増やすのに寄与していることが指摘されています。最終的には、在来動植物のバランス維持や保全に一役買っています。 ラ・マンチャのワイナリーの「グリーン・コミットメント」 私たちの環境を守る取り組みは、ブドウ園だけではありません。ここ数年、ラ・マンチャのワイナリーは、効率と持続可能性に関して飛躍的な進歩を遂げました。環境に優しい技術の導入に積極的に取り組み、その正式な証明書にそれが認証されている、ラ・マンチャのワイナリーはすでに数十社に上ります。 これらは、生産されるあらゆるものの耐用期間を最大限利用するためのシステムとして、循環経済サーキュラー・エコノミーの導入と形成を支持しているワイナリーです。また、ビオワイン、エコワイン、ビーガンワインを醸造するラ・マンチャのワイナリーが多数あるのも見逃せません。もちろん、高効率の設備を備えるワイナリーは年々増えています。これにより、コストパフォーマンスが向上するだけでなく、自然環境への影響を最小限に抑えたり、ゼロにしたりし、しかも周囲に溶け込んでいる設備もあります。 ワインだけではない、ブドウの用途 ワインはブドウの最高の成果であることは、間違いありません。でも、残りかすも有効活用することで、廃棄物の発生を最小限に抑えることも可能となります。例えば、ワイン由来のアルコール。これもまた、経済的な関心を集めています。他にも、果実によって、高級ワイン(D.O.ラ・マンチャのワインなど)、普通のワイン、モスト、ぶどうジュース、蒸留酒などに用いられます。それでも、ワイナリーでは、廃棄物ゼロを達成するのは不可能です。そのため、最適な方法で処理できるよう、浄化設備が整っています。醸造所によっては、自然そのものから栄養を摂取し、稼働しています。 つまり、ラ・マンチャの畑やワイナリーは、ここ数年で品種と品質に関して大きな飛躍を遂げたことは間違いありません。最大限の保証を提供する名産品で、その品質は世界各地で非常に高く評価され、このワインを消費する国は100か国近くに達しています。これはすべて、ラ・マンチャ地方のブドウ(と生命)の未来を保証する唯一の方法として、環境を尊重し保全する取り組みによるものです。

    Video destacado

    Últimos posts

    もっと