Conservacion del vino

ご家庭でご家族や友人たちと一緒においしいワインを味わう楽しさは格別です

よね。しかしながら、ワインの適温や保存法がはっきりしない場合もあります

ね。

ご家庭でボトルワインの保存を適切に行うためには、さまざまな要因からの

影響を考慮に入れねばなりません。中でも特に気を付けたいのが気温、通気、

日光です。

この記事では、ご家庭でのワイン保存法のポイントをひとつひとつご紹介して

いきましょう。

ワインは時間と共に進化しますか?

時間の流れと共にあらゆるものは変化しますが、「どのように変化するの

か?」を知る必要があります。

この問いの答えは、広く知られた次の2つのテーマから探っていきましょう。

ワインは生きていますか?

ワインは生きものであり、生きながらえるためには適切な条件が必要というの

は、決まり文句のように良く知られている言葉です。

当然ながら、ワインは生きものではありません。しかしながら他の食品同様に

ライフサイクルを持ち、時間と共にその化学成分に変化が現れ、官能特性に

下記のような重要な変化が発生します。

ワインの外観の変化

時間の流れと共に、ワインは色の鮮やかさを失います。赤ワインでは色がだん

だんと褪せていき、ブラウンやレンガ色の色調を帯びてきます。白ワインは

黄金色や琥珀色の色合いが濃くなってきます。

ワインのアロマ

オーク樽での樽熟成の対象となるワインのアロマには、間違いなく変化や進化

が生じます。果実の香りに代わり、樽熟成特有の複雑なアロマが加わっていく

からです。

若いワインの場合は、時間の経過につれてアロマが失われていきますので、

収穫年内に召し上がるのが適しています。

ワインのフレイバー

アロマと同様で、熟成処理を受けたワインは、ニュアンス豊かに進化していき

ますが、若いワインの場合は、ただ単にそれらが失われていきます。

ワインの持つ前述の官能特性はすべて、多様な生化学過程により、良い方ある

いは悪い方へと進化していきます。ワインの適切な熟成を望むならば、特定の

環境要因の影響に注意を払う必要があります。

ワインは時間と共においしくなりますか?

その通りです。ですが、次の条件が揃わなければなりません。

  • 良質のワインであること。そして、熟成期間中、最適な条件下で保存される こと。
  • 大気中の酸素に触れないよう、適切に瓶詰めされたワインの場合、保存温度が何より重視すべき要因と注意すること。

家庭貯蔵用のワインを購入すべき?

最終消費者である私たちがはっきり知らねばならないのは、ボトルワインを

購入する際、そのワインは直ちに消費される状態にあるということです。

私たちは完成商品に対して代価を支払ったのであり、クリアンサのワインの

場合、ワイナリーが商品を市場に出す前にすべてのプロセスは完了していま

す。

入手したワインを「貯蔵」することは可能ですが、湿度や光、温度などの保存

条件に特に気を付けなければ、時間はワインの安定性とは逆に流れていく

ことを常に念頭に置かねばなりません。

ワイン保存に適した光や湿度、温度の理想的条件

お宅にワインを持ち帰った場合は、その保存のため、ワイナリーの最適条件を

再現することを考えなければなりません。

光に関しては、暗い場所での保存が望ましいため、キッチンにボトルラックを

置くことは正しい選択とは言えません。

適切な温度といえば、ワインの最適条件を維持するためには12ºCが理想的

です。そして、酸化の加速を防ぐため、20ºCを超えないことが極めて重要で

す。また、ワインを一定の温度に保つことも大切です。

コルクが干からびないことを保証し、蒸発を防ぐために理想的な湿度は70%

です。

ご家庭での白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン

もうひとつ注意しなければならないポイントは、若い白ワインとロゼワイン

赤ワインより賞味期間が短いことです。そのため、次の収穫期が巡ってきて

新しいワインが出荷されるまで、賞味期間をできるだけ長く保ち、その特長を

全て維持するためには特別なケアが必要です。

あらゆることと同様、常に例外が存在します。事前の樽熟成がなされているか

否かに関わらず、ゆっくり進化していくための前述の保存条件が最適に整い、

ボトル内で長期に渡って品質を維持できる赤ワインに巡り会えることもあり

ます。

すべてのワインが「貯蔵」に適していますか?

すべての赤ワインが「貯蔵」できるわけではありません。適切な進化の実現を

可能にするためには、酸味、アルコール含有量、ポリフェノールなど、ワイン

特有の要因が存在します。これらは最適な時期に収穫された特定の品種のブド

ウが、丁寧に手間を掛けて醸造されていることで実現されるものです。

分かりやすく言えば、若い赤ワインを存分に味わうためには、醸造年のうちに

召し上がるのが理想的ということです。

conservación y temperatura de los vinos de La Mancha

ワインの保存に理想的な温度

温度がワインの保存における唯一の要因でないとはいえ、もっとも重要な要因

のひとつであることに違いはありません。そして、ご家庭での(流通プロセス

でもまれにあります)保存上、おろそかにされやすいポイントでもあります。

夏の高温はワインにとってのハンディキャップです: 20℃を超える温度での

長期に渡る保存や、温度の急激な変動は、ワインの官能特性の変容プロセスの

原因となります。これにより、ワインの品質にかなりの変化が発生します。

ラ・マンチャ産ワインを上手に保存・貯蔵する方法は?

理想的なのは、気温の変動がなく、5~17ºCの気温を保つ空間を探して貯蔵

することです。

これは、温度がボトルワインに与える影響に関するさまざまな研究によって

認められています。ナバラ州ブドウ栽培・ワイン醸造局の作成による  赤ワイ

に関する研究もそのひとつです。

若い白ワイン・ロゼワインの理想的な保存法

若い白ワインとロゼワインの場合、理想的なのは、生化学的進化を阻止する

ことです。これにより、これらのワイン特有の特長すべてを長持ちさせ、

色やヴァリエタルのアロマの変容を防ぐことができます。

そのためには5ºCに限りなく近い温度で保存すると良いでしょう。それらの

ワインの新鮮さを1年以上維持することができます。

ラ・マンチャ地方の村々でこれらの条件を揃えるのは、かつてはたやすいこと

でした。住居につくりつけになっていた戸棚や地下室、貯蔵庫などでは、夏の

間さえ「涼しい」気温が保たれていたからです。

今日では、ラ・マンチャ産のワインの保存に最適な温度空間を提供できる家屋

を見つけるのがどんどん難しくなっています。

その場合は、温度調節の可能なキャビネットのワインバーを入手して解決する

という手があります。

conservar el vino en posición horizontal

ラ・マンチャ産のワインを上手に保存するための

アドバイス

ご家庭にワインバーをご用意できない場合、適切な保存条件を確実に揃える

ため、守るべきポイントを以下、ご紹介します。

1.- ワインを運ぶ際、車を日向に駐車しない

特に夏はこれを徹底してください。ワインを購入した施設から自宅までの短距

離以外、ボトルワインを車のトランクに入れて運ぶのを避けること。

2.- ご自宅でワインの保存に適した場所を探すこと

以下の温度、明るさ、湿度、通気などの条件ができる限り揃った場所を探して

ください:

  • 18ºC以下に温度を保てる場所
  • 著しい気温の変動がない場所
  • 貯蔵したワインボトルに直射日光が当たらない場所
  • 6070%の湿度 (乾燥しすぎず、湿りすぎでもない)を保てる場所
  • 匂いや過湿状態を避けるため自然の通気がある場所

Botlelas dispuestas de manera horizontal

 

3.- ボトルワインを貯蔵する瓶の向きは?

ワインを適切に保存したい場合は、瓶を水平または下向きに保ちます。これに

より、コルクに一定の湿度がもたらされ、密閉状態の特性がそのままに維持

されます。

合成コルクのボトルの場合は、縦向きを選択できます。これにより、沈殿物が

あれば必ずボトルの底に残すことができ、コルクを抜いた後のサービングが

楽になります。

4.- ワインの消費量をきちんと計算する

ボトルワインのストック管理を適切に行いましょう。貯蔵期間の長いものから

お召し上がりください。購入するワインのほとんどが数カ月から2年内の消費

を想定してあることを忘れないでください。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here