ラ・マンチャのブドウ、ワイン、ブドウ園

ラ・マンチャは世界最大のブドウ産地というのは秘密ではありません。事実、原産地呼称ラ・マンチャの認定を受けた畑の面積は154,000ヘクタール以上で、ますます顕著になる多様性や文句なしの品質が証明されています。これは重要な役割で、大きな利点がいろいろありますが、経済面以上に、持続可能性を中心に捉えた取り組みを行い、この地域の人口の活性化を助けています。

灌漑と乾燥地の共存…持続可能性のスローガン

ラ・マンチャのゴブレ式ブドウ畑。持続可能性の重要なポイントのひとつ
ラ・マンチャのゴブレ式ブドウ畑。持続可能性の重要なポイントのひとつ

Encuesta sobre Superficies y Rendimientos Cultivo」(作付面積と収穫量に関する調査‐ESYRCE)の最近の研究は、ブドウ園の栽培の特徴に関する新たなデータを紹介。これにより、カスティリャ・ラ・マンチャ地方(スペイン中央部)は、灌漑によるブドウ園(全体の59.8%に達する)と乾燥地のブドウ園(残り49.2%を占める)との共存の好例となっています。

これは、最新化と効率化がますます進む灌漑システム――より少ない水量を有効に活用する――灌漑農業の拡大を明らかに示すデータです。同様に、乾燥農業は、ラ・マンチャのブドウ園の基本であり続け、地球の未来のためにさらに急を要する持続可能性への取り組みを強化しています。

また、乾燥地のブドウ園のかなり大きな面積と灌漑システムの有効性には、気候変動の被害を軽減する意外な利点があり、砂漠化の進行を防ぎます。降雨量が少なく、水資源の節約に関して集団的な意識が高い地域であるのが特徴のラ・マンチャのような地域では、なおさらです。

ラ・マンチャでブドウ園が担う持続可能性の役割は?

ラ・マンチャのワインは持続可能性の好例

ラ・マンチャのような地域では、ブドウ園は、地方経済や人口を活性化させる役割だけでなく、環境保全の要因となっています。事実、土壌の砂漠化を避けるために不可欠な使命を担っています。他にも、鉄砲水の発生を防いで、集中豪雨などの現象による壊滅的な影響を軽減します。

二酸化炭素と酸素の交換を行う、自然の肺のような機能の他、ブドウの葉が落ちて自然に、また剪定によって人為的に、土壌の有機物を増やすのに寄与していることが指摘されています。最終的には、在来動植物のバランス維持や保全に一役買っています。

ラ・マンチャのワイナリーの「グリーン・コミットメント」

夜明けのラ・マンチャのブドウ園

私たちの環境を守る取り組みは、ブドウ園だけではありません。ここ数年、ラ・マンチャのワイナリーは、効率と持続可能性に関して飛躍的な進歩を遂げました。環境に優しい技術の導入に積極的に取り組み、その正式な証明書にそれが認証されている、ラ・マンチャのワイナリーはすでに数十社に上ります。

これらは、生産されるあらゆるものの耐用期間を最大限利用するためのシステムとして、循環経済サーキュラー・エコノミーの導入と形成を支持しているワイナリーです。また、ビオワイン、エコワイン、ビーガンワインを醸造するラ・マンチャのワイナリーが多数あるのも見逃せません。もちろん、高効率の設備を備えるワイナリーは年々増えています。これにより、コストパフォーマンスが向上するだけでなく、自然環境への影響を最小限に抑えたり、ゼロにしたりし、しかも周囲に溶け込んでいる設備もあります。

ワインだけではない、ブドウの用途

ラ・マンチャのワイナリーで瓶詰め

ワインはブドウの最高の成果であることは、間違いありません。でも、残りかすも有効活用することで、廃棄物の発生を最小限に抑えることも可能となります。例えば、ワイン由来のアルコール。これもまた、経済的な関心を集めています。他にも、果実によって、高級ワイン(D.O.ラ・マンチャのワインなど)、普通のワイン、モスト、ぶどうジュース、蒸留酒などに用いられます。それでも、ワイナリーでは、廃棄物ゼロを達成するのは不可能です。そのため、最適な方法で処理できるよう、浄化設備が整っています。醸造所によっては、自然そのものから栄養を摂取し、稼働しています。

つまり、ラ・マンチャの畑やワイナリーは、ここ数年で品種と品質に関して大きな飛躍を遂げたことは間違いありません。最大限の保証を提供する名産品で、その品質は世界各地で非常に高く評価され、このワインを消費する国は100か国近くに達しています。これはすべて、ラ・マンチャ地方のブドウ(と生命)の未来を保証する唯一の方法として、環境を尊重し保全する取り組みによるものです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here