FITUR(国際観光見本市)でのラ・マンチャのワインルートの

プレゼンテーションを専門誌が好意的に掲載

第39回FITUR国際観光見本市が、去る1月23日~27日に開催されました。

タクシー紛争の影響が濃く見られた今回でしたが、2019年の旅行トレンドの

再発見に貢献を果たしたことは明らかです。

Algunos de los socios de la Ruta del Vino de La Mancha

 

2019年訪れたい観光スポット15選を発表したABC誌などの動きから、一部の

メディアもそう確信したことがうかがわれます。

文化的・環境的にバラエティに富んだ各種の観光オファー(創立200周年を迎

えるプラド美術館、開園100周年を迎えるオルデサ国立公園、聖年に当たる

サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサーダなど)を盛り込んだ前述の15選の

リストでは、ラ・マンチャの新しいワインルートの魅力にもスポットが当てら

れています。

この記事では、「農業省および観光大臣後援、Acevinの厳選ルート」という

高い品質基準で認可されたルートの回復までの歩みが描写されているほか、

当ルートがスペイン全土の28ヵ所にあるワイン関連スポットの一部に含まれ

ることも示されています。

El Presidente Carlos D. Bonilla captó la atención de los medios

2019年FITURで発表

ラ・マンチャのワインルートは、ヨーロッパでもっとも重要性の高い国際観光

見本市FITURのまさに初日、観光のプロ集団を前に発表されました。

プレゼンテーションには、当ルートを構成する6市町村(アルカサル・デ・

サン・フアン、トメリョソ、ソクエリャモス、カンポ・デ・クリプターナ、

エル・トボソ、ヴィリャロブレド)の代表者たちも数名参列しました。

ラ・マンチャのワインルート会長を務めるロサ・イダリア独自の言葉によると、

当プロジェクトは、ラ・マンチャ地方の村々の努力と将来のビジョンがぎゅっ

と詰まった「文化、伝統、ノウハウ、融合、アイデンティティ、発展、地方の

一貫性」という言葉で要約できるとのこと。

ラ・マンチャのワインルートのプロジェクトは、当初より統制委員会との密接

な連携で推進されてきました。統制委員会会長のカルロス・ダビ・ボニーリャ

は、「現在のところ、ラ・マンチャのワイナリー12軒がこのプロジェクトに

参画していますが、今後その数が増えていくことを私は確信しています。

ラ・マンチャのブドウ畑やワインをじきじきに知ってもらうことは、我々に

とって非常に重要ですからね。」と語りました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here